Social Networks Auto Poster と Facebookの連携で今まで通りに行かない2つの要因

WordPressサイトに記事を書いたら、自動的にFacebookやTwitterに吐き出してくれる非常に便利なプラグイン「Social Networks Auto Poster」

Jetpack でも同様のことはできますが、配信フォーマットの設定や、自動再配信など、その機能には大きく開きがあります。

WordPress のSNS連携プラグインと言えば「Social Networks Auto Poster」でキマリ、的なのですが、しかし、なかなかハードルが高いのです。

SNS側、つまりFacebookやTwitterの側でアプリを作成し、IDやキーを取得するのがややこしく、さらにときどきその仕様がかわるために、ググってHowToのページを見つけてもそのとおりに行かないことが少なくありません。

また、アプリキーが発行できても、何やらわけのわからない理由によってエラーが出しまう場合。そして、これもキー取得同様に、ときどき仕様がかわるため、何が悪いのか良くわからない。

2019年1月現在で、Facebookディベロッパーが少し前の状況と変わっているのは以下の2点です。
※Twitterの場合は、さらに厳しくなっていて時間もかかるし、申請してもしばしば却下されます。Twitterは Jetpackか、FBから吐き出したほうが良いと思います。

  1. 連携しようとするWordPressサイトがSSL対応(https://)でないと、FBのキー取得ができない
    これはもうSSLにするしか解決方法はありません
  2.  キーが取得できても、エラーが出て投稿テストではじかれる

投稿テストではじかれる(もちろん本番投稿もできません)場合、今までになかった以下の設定が必要でした。

 

Facebookディベロッパー側で、OAuthリダイレクトURLの設定です。

設定は以下の通りです。

 

 

そして、そのURLはどこから見つけるかと言うと…

 

 

以上、備忘録でした。