すっかりご無沙汰していたBuddyPress。と、あるSNSサイトを作り初めてみると、いろいろと変わっていたこともあるのでまとめなおし。

インストール

インストールすると早速、BuddyPressの設定画面が。サイドバーにも項目が増えてます。

【アクティビティ】【メール】の3項目が増えてました。以前は確か【グループ】という項目も増えたような記憶が…

設定

設定ページには【コンポーネント】【設定】【固定ページ】【クレジット】の4つのタブが。

クレジットは「カードで金払え」ではありません。プロジェクトメンバーの皆様のありがたいご尊顔です。BuddyPress は、オープンソースなプラグインです。その開発に関わっている皆さんですね。

コンポーネントの設定

【コンポーネント】では、以下のコンポーネントの使用 / 不使用を設定できます。

拡張プロフィール / アカウント設定 / 友達関係 / プライベートメッセージ / アクティビティストリーム / 通知 / ユーザーグループ / サイトトラッキング / BuddyPress コア(必須。設定変更できません。あたりまえっす) / コミュニティのメンバー(必須。設定変更できません)

拡張プロフィール

ユーザーのプロフィール欄から設定できる拡張ユーザープロフィールを使用するかどうかの設定です。

デフォルトでは、名前の欄だけですが、拡張プロフ項目としてフィールドを追加することができます。また、それらの項目はグループ化することも可能なので

会社
└ 会社名
└ 所在地
└ 電話番号

担当者
└ 役職
└ メールアドレス

のような使い方ができます。

アカウント設定

ユーザー自身のプロフィールを表示した際に【設定】というボタンが表示され、【一般】【メール】【プロフィール公開状態】を設定できるようになります。

【一般】では、メールアドレスやパスワードの変更ができます。

【メール】では、どのようなときにお知らせメールが届くかの設定、【プロフィール公開状態】ではプロフィールを表示する範囲(全員とか友達のみとか)を設定することができます。

友達関係

友だちになる機能を使用するかどうかの設定ができます。

プライベートメッセージ

ユーザープロフィールに【メッセージ】ボタンが表示され、ユーザー間の(他には非公開な)メッセージのやり取りが可能になります。

プライベートグループにも対応しています。

アクティビティストリーム

管理者用の設定項目です。

ダッシュボードに【アクティビティ】設定が用意され、新規ユーザー登録や、近況投稿、グループの作成や解除などのユーザー動向を確認することができます。

監視だけではなく、管理者権限では、編集や削除も可能です。

通知

プロフィールページに【通知(標準ではNotificationsと表示)】ボタンが用意され、メッセージや返信が届いていることがわかるようになります。

ユーザーグループ

グループ機能を使用するかどうかを設定することができます。

管理者はダッシュボードの【グループ】設定からグループの管理と新規作成ができるようになり、ユーザーはグループページからグループを作成することができるようになり、プロフィールページで自分か参加しているグループの一覧を確認できるようになります。

サイトトラッキング

マルチサイト化している場合には、ユーザーがそれぞれに立ち上げたサイト内ブログの更新情報の一覧が表示されるそうですが、正直なところ良くわかってません(;´∀`)

でも、みんな「ここのチェックは外しておきます」って言ってるし、ソース内にプログを立ち上げたユーザーさんたちのメールアドレスが露出してしまっているというコメントも見かけたので外します。

BuddyPress コア

チェックが外せないので特に設定できません。

「設定できないなら表示するなよ」という気持ちでいっぱいです(@_@)

コミュニティのメンバー

こちらもチェックが外せないので設定できません。

「同じことを2回言わせるなよ」という気持ちがあふれてきます(@_@)

固定ページの設定

【固定ページ】では、BuddyPress に必要な各ページと、どの固定ページを紐付けするかという設定です。

インストールした直後の状態では、自動的に【メンバー】【アクティビティストリーム】【グループ】の各ページが自動的に作成された(ほぼ)同名の固定ページと紐付けされています。

ところが、この時点でBuddyPress がなんか文句言ってます(●`ε´●)

Registration is currently disabled. Before associating a page is allowed, please enable registration by clicking on the “Anyone can register” checkbox on this page.

どうやら、ココ(設定ページ)を開いて、だれでもユーザー登録ができるようにするよいにメンバーシップを変更しろと言っているみたい。

まぁそうでしょうね。

この後で設定したい【登録】と【有効化】はユーザーが自分で登録できるようにしておかないと必要ないわけですから。

言われたとおりにチェックを入れると、自動的に【登録】と【有効化】が増えています。

しかも、先にそれぞれの固定ページを用意しておいたので、勝手に紐付けまで…

エラいかもしれない

自動的に紐づけされたのはそれぞれのページのスラッグをそれなりの名前にしておいたからだと思われます。

登録のページ

ページ名:アカウント登録

スラッグ:register

有効化のページ

ページ名:アカウント有効化

スラッグ:activate

設定の設定

ぷぷっ。設定の設定ってヘン(笑)

【設定】タブでは、これらの設定ができます。

メイン設定

  • ツールバー(ログインしていないユーザーにもサイト上部のツールバーを表示するかどうか)
  • アカウント削除(ユーザー自身でアカウントを削除する事ができるかどうか)

プロフィール設定

  • プロフィール写真のアップロード
  • カバー画像のアップロード
  • プロフィール同期(WordPressのユーザープロフィールとBuddyPressのユーザープロフィールを同期するかどうか)
    ※なんのこっちゃわからないです。同期しない意味が不明

グループ設定

  • グループを新規作成
  • グループ写真アップロード
  • グループのカバー画像のアップロード

アクティビティ設定

  • ブログとフォーラムのコメント(ブログやフォーラムへのコメントも、アクティビティページに表示するかどうか)
  • アクティビティ自動再読み込み

登録ページ

ここまでの設定で、ユーザー登録ページも自動的に出来ています。

レイアウトはこれからですが、拡張プロフィールも自動的に表示されるようになっていますね。

BuddyPressの導入と使い方をものスゴい丁寧に解説してみる!

https://nskw-style.com/2010/wordpress/buddy-press.html

BuddyPressを使った本格的SNSサイト構築方法を徹底解説

BuddyPressとbbPressの使い方で参考になったサイトまとめ