Plugin Organizer – 「このページだけこのプラグインは使いたくないっっ」

ある特定のページだけ、特定のプラグインを無効化したい。

そういうことよくありますよね。

うそです。そんなこと滅多にありません。不通に生きてたら無いかもしれないww

でも、あったんです。

モバイル対策として、Multi Device Switcher(旧WPtap Mobile Detector)を使用しているサイトで、しかもそのサイトのリストページを他のサイトでiframeとして読み込んでいるというなんともややこしいサイト。

ところが、そのリストページに対して Multi Device Switcher がうまく効いていない。いっその事、その部分だけPCサイトのままで良いという状況なんです。

Multi Device Switcher プラグイン自体を無効にしてしまうと、シングルページやその他の部分がぐちゃぐちゃになってしまう。

そこで、Multi Device Switcher をググってみると、新しく「切り替え無効」なる機能が追加されていて、除外するページのURLを書いてやると、そのページだけプラグインが無効化(PC用テンプレートで表示)されるらしい。

早速、やってみました。

 

(・。・;

動かないじゃん

 

「切り替え無効」なる機能は正常には動きませんでしたとさ。めでたしめでたし…

 

そこで、登場したのが、Plugin Organizer

このプラグインを使えば、各ページごとに、どのプラグインを使用するとかしないとか細かく設定できます。

もともと、WordPressの高速化のためにトップページ以外で使用していないスライドショーのプラグインを、トップページ以外で読み込まないとか、そういう用途が主のようですが。

私にとっては、ちゃんと働かない Multi Device Switcher のかわりになるいい子でした。

 

プラグインの設定ページでSelective Plugin Loading をOnにして

すると、各ページ下部に、こんな設定項目が追加されるので、不要なプラグインを右側にドラッグ。

これだけ